多方面から脳の病気の兆候や危険因子を探ります

脳ドックの検査項目は、実施施設によって多少の違いがありますが、中心となるのはMRIとMRAによる画像診断です。そのほか、脳波検査、心電図検査なども行って、多方面から脳の病気の兆候や危険因子を探ります。

MRI(磁気共鳴断層撮影)
磁気と電磁波によって縦横斜めあらゆる方向から脳の断面画像を写し出す検査です。MRI検査では発症間もない脳梗塞の病変や小さな梗塞などもはっきりと映し出せます。

MRA(脳血管撮影)
MRIと同じく磁気共鳴という物理現象を利用して、血管を立体画像として映し出す検査です。動脈硬化が進行して血流が細くなっている血管を発見したり、動脈瘤を発見することができます。

マルチスライスCT
脳血管領域での微細な血管構造の描出します。MRIに比べて撮影時間が大幅に短縮され、患者さんへの負担も大幅に軽減されました。

超音波検査
一定方向に強く放射されて直進性が強い超音波を頚部などに当て、反射したエコーを画像化するものです。脳血管の動脈硬化や閉塞、狭窄などがわかります。

脳波測定
脳の電気的な活動状態を調べる検査で、脳梗塞のほか、痴呆や脳腫瘍、てんかんなどの発見に役立ちます。

心電図
心房細動という不整脈が出現している場合は、血栓が作られやすくなり、血流に乗って脳に達すると、脳梗塞の一種である心原性脳塞栓症を突然引き起こすことがあるので、この検査を行います。

血圧測定
高血圧は脳卒中(脳梗塞、脳出血)の最大の危険因子となりますので、予防のためにも血圧の測定は欠かせません。

血液検査
脳卒中の危険因子となる高血圧や糖尿病などの全身の病気や血液成分の異常を調べるために、脳ドックでは血液検査を行います。

尿検査
糖尿病になると血管壁が厚く、また硬くなって柔軟性が失われ、血液の通り道が狭くなる「動脈硬化」を引き起こしやすくなります。そのため、脳ドックでは糖尿病などを探るための尿検査が行なわれます。

眼底検査
眼球内の奥の部分(眼底)の状態を専用のレンズで観察する検査のことで、高血圧や動脈硬化ともなう血管の変化などがわかります。

Copyright(C)2015 脳ドックの基礎知識 All Rights Reserved