脳梗塞に関する記事の一覧

脳動脈が閉塞し、血液が届かずに神経細胞が死んでしまうのが脳梗塞です。動脈硬化が原因で起こる「アテローム血栓性脳梗塞」、脳の奥に入り込む細い動脈の変性で起きる「ラクナ梗塞」などに分類されます。

脳梗塞とは?
脳に酸素と栄養を供給している血管が詰まることによって起こる病気です。血流が途絶えると、詰まった部分から先の脳細胞が壊死し、運動、言語、感覚に障害が現れます。

アテローム血栓性脳梗塞
脳の太い動脈や、脳に血液を運んでいる、首の太い動脈(頚動脈)の動脈硬化が原因で起こります。高血圧、糖尿病、肥満といった生活習慣病が大きな危険因子となります。

ラクナ梗塞
細い動脈に生じる脳梗塞で、高血圧の人に多いタイプです。高血圧などで、細い動脈に強い圧力がかかり続けると、血管壁が痛み、徐々に厚くなってきます。すると、血管の内腔が狭くなり、最終的に詰まってしまうのです。

心原性脳塞栓症
長嶋茂雄さんが倒れた原因はこのタイプです。不整脈の一種である心房細動などで心臓内にできた血栓が、血流にのって脳の動脈を詰まらせるのが心原性脳塞栓症です。重症になるケースも少なくありません。

脳梗塞の前兆:TIA(一過性脳虚血発作)
脳梗塞の一時的に起こる発作をTIA(一過性脳虚血発作)といいます。めまい、視野障害、痺れ、言語障害などの症状が現れますが、数分〜数十分で回復することがほとんどです。

t-PAによる血栓溶解療法
t-PAは2005年に脳梗塞への健康保険適用が認められた、比較的新しい薬です。血栓を溶かす力が非常に強く、注射と点滴で投与されます。脳梗塞の発症後4.5時間以内の使用で後遺症を大幅に軽減することが可能です。

脳保護療法
エダラボン(商品名:ラジカット)という薬を使って、脳細胞を破壊するフリーラジカル(活性酸素)を除去し、脳の障害を防ぐことにより、脳梗塞の後遺症を軽くしようというものです。

抗血小板療法
脳梗塞の再発予防のために、薬を使って血小板が集まるのを抑える治療を行います。これが抗血小板療法で、アスピリンが標準的な治療薬として広く使われています。

抗凝固療法
血栓をつくるフィブリンの働きを抑制して、心原性脳塞栓症の再発を予防しようという治療法です。血栓ができにくくするワーファリン、プラザキサ、イグザレルト、エリキュースという抗凝固薬が用いられます。

Copyright(C)2015 脳ドックの基礎知識 All Rights Reserved