心臓からの血栓が脳動脈を詰まらせる心原性脳塞栓症

2004年に自宅で倒れて病院に救急搬送された長嶋茂雄さんを襲ったのが、この心原生塞栓症による脳梗塞です。簡単に言うと、心臓でできた血栓が血流によって脳動脈まで運ばれて、血管を詰まらせます。

心臓の拍動リズムが乱れる不整脈の一種に心房細動と呼ばれるものがあります。1回1回の脈の大きさやリズムがまちまちになるのが特徴で、高齢者に多くみられます。心房細動が起こると、血流が滞って血栓ができやすくなります。

心臓でできた血栓はフィブリンという凝固タンパクで固められていますので、大きくて溶けにくいという特徴があります。これが血流にのって脳内に流れ込み、血管を詰まらせてしまうのが「心原性脳塞栓症」と呼ばれるタイプの脳梗塞です。

心房細動が原因の2/3以上を占めていますが、それ以外の危険因子としては、心臓内で血液の逆流を防ぐ弁が正しく開閉しなくなる「心臓弁膜症」、心臓の筋肉に酸素と栄養を届ける冠状動脈が詰まる「心筋梗塞」、心臓の筋肉に異常があり、不整脈などを招く「心筋症」などがあげられます。

心原性脳塞栓症の特徴は、ほとんどの場合、日中の活動時に突然起こって手足の運動麻痺や感覚障害、意識障害などが一気に現れます。血栓が大きいため、太い血管も詰まらせてしまうため、重い症状が現れやすいのが特徴です。

脳の動脈を詰まらせていた血栓が、溶けて血流が再開すると、脳梗塞の中に出血が起こり、症状が悪化することがあります。これを「出血性脳梗塞」といい、心原生塞栓症では特に起こりやすい現象となっています。

最大の危険因子である心房細動は、脳ドックで行なわれる心電図検査で調べることができます。しかし、発作性の場合は短時間の心電図では見つかりませんので、小型の携帯が心電図を体に装着して、24時間測定するホルター心電図検査を行います。