脳ドックの費用(料金)は4〜9万円が相場です

脳ドックの料金は検査を実施する施設、あるいは検査項目によって違いはありますが、4〜9万円というところが一般的になっています。

補助金を有効活用

ちなみに日本脳ドック学会が医療機関を対象に実施した調査(2002年)では、脳ドックの平均費用は47,500円でした。

「高い!」と思われた方も少なくないと思いますが、これは脳ドックはあくまでも無症状の人のための健診ですので、健康保険は適用されないためです。

お勤めの企業、健康保険組合、自治体によっては費用の一部を補助しているところもありますが、原則として提示された額の全てを受診者が負担することになります。なお脳ドックで異常が発見された場合、その治療や検査の費用は健康保険の適応となります。

忙しくて検査を受ける時間がない方を対象とした簡易脳ドックでは、脳の断面を撮影するMRI、脳の血管を立体的に描き出すMRAのみのシンプルなコースも登場しており、この場合は検査時間も30分程度で済み、費用も2万円台と低く抑えられています。

一方、オプション検査(アルツハイマー型認知症の検査など)を充実させたコースや、人間ドックの検査内容に脳ドックをプラスした宿泊プランなどでは費用は高くなり、総額で10万円以上というところも珍しくありません。

「食生活の乱れ、飲酒、喫煙、運動不足、肥満などのツケが出始める40代になった」、「近親者に脳卒中になった人がいる」などに該当し、これまで脳の画像診断(MRI・MRA)を受けたことのない方は脳ドックを単体で受診するいい機会といえます。

また「高血圧や高血糖による動脈硬化など生活習慣病のリスクが本格的に高まる50代になった」、「がんの発症リスクがピークを迎える60代になった」などに該当し、これまで人間ドックを受ける機会がなかった方は脳ドックを含めて全身の健康状態を調べてもらうのもよいでしょう。

脳ドック選びは費用だけでなく医療機関の体制も要チェック!

脳ドックの医療機関を選ぶ際に注意したいのは、一部の割安な脳ドックでは医師による結果説明を省略して「検査結果は後日郵送」とするところがあるということです。

脳神経外科の医師

脳卒中の発症リスクには家族歴、生活習慣、ストレスなども影響しますし、画像診断や血液検査を過去の記録と比較して数年〜10年単位で経過をみることも欠かせません。

したがって、担当医師からの説明なしに結果だけ「郵送」という形をとっている医療機関では、脳ドックのメリットを十分に享受することはできないのです。

また、MRIやMRAなどの画像診断の「質」は医師に左右されます。画像診断に長けた放射線科医師がレポートを作成し、それをもとに専門医(脳神経外科医、神経内科医)が対面形式で検査結果の説明、生活習慣の改善点などのアドバイスを行ってくれるところがベストです。

さらにMRI装置の性能も重要です。MRIの画像の解像度はテスラ(T)という単位で表されますが、この数値が高いほど診断能力が高まり、検査時間も短くて済みます。脳ドックを選ぶ際には1.5テスラ(T)以上、理想は3.0テスラ(T)の装置がある医療機関を選びましょう。

脳卒中(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血)でダメージを受けた脳の細胞は再生しません。その結果、言語障害、四肢の麻痺、寝たきりになるなど生活の質を大きく低下させてしまい、最悪の場合は死に至ることもある怖い病気です。

脳ドックを受診すれば、脳卒中につながる恐れのある病変(自覚症状のない「隠れ脳梗塞」、脳血管破裂のリスクがある「未破裂脳動脈瘤」)を早期発見して治療につなげることが可能です。

また脳梗塞やくも膜下出血の危険因子となる動脈硬化や高血圧、糖尿病などの有無を把握することで、生活習慣を改善するきっかけとなり、脳卒中を未然に防ぐこともできます。

これらを考慮すれば、脳ドックの料金は決して「高すぎる」ということはないと思いますが、いかがでしょうか。

Copyright(C)2018 脳ドックの基礎知識 All Rights Reserved